スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆島*オリーブの旅・・ 2日目

小豆島旅行の2日目・・
朝は早く起きて、オリーブ湯につかると、早々に朝食を済ませ、
前日もお世話になった、レンタサイクルにまたがり、島の中央にあるオリーブ公園へ・・♪

the sea shore

前日の強風が信じられないほどに、穏やかなイイ天気っ!
途中、あまりにもキレイな海の景色に、足を止めて寄り道・・^^
誰もいない静かな砂浜で、ボーっと海を眺めたり、貝を拾ったり、海に向かって投石したり・・
夏は海水浴場になるらしく、とても賑やかなんだろうけど、
こんな風にのぉんびり過ごせる海も、心地良いなぁ・・と(*´ー`*)
リュックを背負ったまま、気づけばアッという間に、1時間が経過・・(^▽^;)
まだまだココで、充分楽しめそうな、何とも素朴な・・私達2人でしたが・・
後ろ髪ひかれつつも・・再び、オリーブ公園へっ!


yellow bike

今回、とってもお世話になった、ホテルで借りた無料レンタサイクル♪
この夏、公開の小豆島が舞台となった「ぼくとママの黄色い自転車」に
ちなんで、ホテルの方がイエローにペイントされたんだそうです・・☆
私がママチャリで、夫がマウンテンバイクを使用・・。
このマウンテンバイクには鍵がついてなかったので、鍵はどこに??
と尋ねると、「カギかけなくても大丈夫ですよ。」とのお答えがっ・・(*д*)
さすが、小豆島っ・・平和でのぉんびりっ^^


olive park2

前日にも訪れたオリーブ公園・・広い敷地内にはオリーブの木々の他に、
小さな花をタワワにつけたミモザのグリーンと、イエローのコントラストが綺麗でした☆
丁度、オリーブの木をカットして焼いて処分されてる所に遭遇したので、
もしよければ分けて欲しいのですが・・とお願いすると快諾して頂けましたっ(*´▽`)
道中、少々かさ張りましたが・・無事持ち帰り、リースを作りましたっ^^


園内のハーブのお店では、オリーブの木の育て方について優しく丁寧に教えてもらえました♪
一番ビックリしたのは、オリーブの木は世界に2000種類もあり、
2種類の異なったオリーブの木が近くにないとオリーブの実がつかないって事!(知らなかったぁ・・><)
おそらく家にあるのは、ルッカという品種なので、それ以外の木が必要・・。

売店にはオリーブオイル等、オリーブ製品が満載で・・試食もたくさんあったので、
味見してみてヒットしたのが、オリーブグラッセ☆オリーブの実が砂糖漬けされてるのですが、
これが見た目以上に美味しくってビックリ・・いつかパウンドケーキにいれて焼く予定です♪
オリーブサイダーも美味しかったです・・お醤油サイダーには躊躇してしまったので、またの機会にっ^^



dutch cf

オリーブ公園から急な坂を約15分上がると・・
オーナー夫妻が手作りで建てられた、風車がトレードマークの素敵なCAFE・・
オランダパンケーキカフェ「Cupid&coton」を発見♪
旦那サマがオランダの方で・・隣でキャンプ場も営んでいらっしゃるそうですっ
外で食べると、海を見渡せて、とっても景色がイイッ☆
期待していたパンケーキは、夫の頼んだハーブ&チキンのチーズパンケーキより
個人的には、アップル&シナモンにアイスがのったパンケーキが絶品でした♪
ランチには甘すぎるかも・・しれないですが、林檎とシナモンの組み合わせは最強っ☆

店内は込み合っていたので、外で食べる事も可能でしたが
この日はまだ、肌寒かったので外で長居するのは困難でしたが、これからの季節は
山と海のダブルの景色を眺めつつ、お食事するのは随分と気持良さそぉっ^^
木製の牛の風見鶏もきっと手作りなんだろぉなぁ・・(!?)ナカナカの癒し系でしたっ(^▽^)

短い滞在だったけど、何だか異空間にタイムスリップしたみたいな
不思議な感覚で京都に戻った2人でした・・絶対、また訪れたい島ですっ☆
スポンサーサイト
Profile

didiy

Author:didiy
2008年結婚後、靴職人の夫とBerlinへ。
翌年に帰国し、今度は京都へ・・
イギリスの靴カレッジでの経験をいかしつつ
革小物をコツコツ作っています☆
委託メインですが、オーダーも少しずつ・・
ゆったりペースOKの方、ご相談はメールにて♪

New entries
Comments
Archives
tuna.be
Mail

Name:
Mail:
Title:
Message:

Categories
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。